プロロの引っ越し料金を半額に値引きする方法をお教えします。

プロロは安いだけじゃない業者です

プロロを利用した理由と感想

選んだ理由はとにかく安かったこと。

大阪から東京だったので、様々な引っ越し業者があるなか、大手も見積もりしてもらったが、結局他社の見積もり書を出すと値引き値引きの嵐だった。

安いところでいいと考えたのは、作業中に万が一壊されたとしても困るものが一つもなかったからだ。

最終的に決めた理由は、引っ越し料金内で粗大ゴミも捨て放題だったこと。

かなりの量の家具を捨てたかったので、粗大ゴミの処理にかなり頭を悩ませていた私にしてみたら、料金内で済ませてくれることで即決の返事を出した。

ダンボールも新品綺麗な物を用意してもらえ、マジックで大体の中身と番号を書き、運んでくださる方にわかるようリストの作成もあったが、面倒なほどではなかった。

悪かった点は引っ越し先に届き、指定の部屋にダンボールを置いてくれたのはいいが、天井まで積まれたため、荷をほどくのに脚立でいちいち下ろさなければならなかったことくらい。

特に家にキズがついたなどはなく、引っ越し作業も素早く済んだので良かった。

引っ越しを効率良く行う秘訣

とにかく断捨離に励むこと。

新居で使うかもーくらいのものなら捨てるべき!

当然かもしれないが、傷つけられたくない代物は自分で運ぶのが一番。

私も積み込みが終わり、いざ引っ越し先へ行く移動中、ヒザの上に大切な物をたくさん載せていた。

それが一番安心だし、万が一壊されては物によっては弁償の使用がない。

泣くのはこっちになるからだ。

全て積み込み終わってから、最後に空っぽの部屋の掃除用に簡単な道具や雑巾、ゴミ袋を用意しておく。

掃除が終わったらそれは捨てる。

まるでその家の未練を断つようで、気持ちがいい。

それから詰めるのは綺麗にやりすぎないこと。

箱に綺麗に詰めたとこで、荷をほどく時にあまりに綺麗だとやる気をなくすからだ。

どうせなら、新居の方を綺麗にしたいので、箱に綺麗に詰める労力は必要なし。

プロロで引っ越しをしました!

プロロはとにかく安かったの一言です。

九州から関東への長距離だったため、他社では40万前後の見積もりでしたが、引越のプロロでは半額程度でした。

子連れでの引っ越しは今回が初めてで、必要な段ボールの数の検討がつかずに何回も追加注文したのですが、気持ち良く迅速に送付して下さいました。

荷造りの際に「段ボールにナンバリングして、リストに内容物を簡単に書いておいてください」と言われました。

そのような事を言われたのは、引越のプロロが初めてでした。

リスト化すると、作業する方は間違いがなくていいのかな~と思いましたが、少し面倒でした(汗)

引っ越しをするにあたって、業者を何ヶ所から選ぶと思いますが、インターネットの一括見積もりがとても便利でした。

自分の条件を入力するだけで、色んな業者から連絡をもらえるのです!ただ、見積もりを出す時間には要注意。

某S社からは、見積もりの直後に電話がかかってくるのです。

私の場合、夜中の1時過ぎに一括見積もりをしたのですが、そんな時間でもかけてきました…。

確かに、見積もり直後だから、起きてはいるんですけどね。

他に私が経験した事ですが、ごく近距離での引っ越しの場合は、レンタカーを使うととても安く済みました。

もちろん一人だと大変なので、友達の力を借りましたが…。

同じ市内でも、引っ越し業者を頼むと何万円もかかってしまいます。

しかし、レンタカーなら一万円前後でかなり大きな車が借りられます!体力に自信のある方にはオススメです。

今回私は大手でない会社に依頼しましたが、大手が良い!という方にはクロネコヤマトが良いと思います。

ネットの見積もりサイトとかを使うと大幅値引きも出来るので一度見積もりをしてみると良いですよ。

<参考Link> ヤマトで引越

  • このエントリーをはてなブックマークに追加