元プロロユーザーが自力で引越しをしてみた

今まではプロロを使っていましたが、今回は自分たちで引越しをしました。

結婚式の後、すぐに生活できるように、お互いの両親にちょっとずつ荷物を運んでもらっていたんですが、いざ私たちが新居に行くと、新しいカーテンに、ベッドのシーツ、棚の中には文房具や使う予定もない香典袋、冷蔵庫には食材がパンパンに入ってました。

どうやら、義母が、私たちが困らないように色んなものを用意しておいてくれたようなのです。

が、せっかくの新婚生活のスタート、カーテンやシーツくらいは2人で選びたかったです。

しばらくの間は、なんだか他人のうちに住んでいるようで、落ち着かない日々でした。

夫は「こんなにしてもらってありがたいね!」とよろこんでいましたが、正直私は過保護な義母の行く末が心配で素直に喜べませんでした。

新築の家に引っ越すとき、特に冷蔵庫などの大物はベランダから搬入することがあります。

前持って窓周りの状態をよく確認しておいてください。

我が家は新居に引っ越したとき、冷蔵庫とテレビをそれぞれ別の業者がベランダから入れたのですが、いつの間にかベランダの窓枠に傷がついてました。

これは家を建築したハウスメーカーがつけたのか、テレビを搬入した業者か、冷蔵庫を入れた業者か、それとも自分たちでいつの間にかつけてしまった傷なのかわからず、結局そのままにするしかありませんでした。

ベランダに限らず、大物家具が通る通路は前持って写メを撮ったりしておいた方が、万が一傷などを発見しても、安心です。

せっかくの新築に傷はつけたくないですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です